かんな日記 そこそこ役立つ医療ネタ

4-① 手を挙げてお辞儀

0.はじめに
かんな接骨院セルフ運動療法&ストレッチ(もくじ)」の注意点をよく読んでから実施してください。

1.おすすめする人
・肩の関節が固くなってしまい、手が挙がらなくなってしまった人
・自分の力で手を挙げると肩が痛いが、他の人に上げてもらうと痛くない人
・棚の上の物に手が届かない、バンザイがやりにくい、洗濯物を干すときに大変だ、など

2.考えられる効果
・肩の動き改善、バンザイや洗濯物を干すことが楽になる、など

3.実施方法
①まず、壁に向かって立ちます。

②壁に肩が固くなってしまった方の手を当てます。

※なるべく手を壁の上の方まで持っていきます。スッと挙げるのが困難な人は、壁に当てた手の指を尺取虫のように動かして、少しずつ上に持っていきましょう!

③この状態から、可能な限り「お辞儀」をします。

※「少し痛いんだけど、まあここまでなら許せる!」っていう所までお辞儀をしたら、そのまま10~20秒間ほど、この姿勢を維持しましょう。「肩関節の下方(わきの下)あたりが伸びて気持ちいい~」であれば良いのですが、肩が固い人は「肩関節の上面」あたりに痛みを感じると思います。そんな時は反対の手で肩の上面を抑えてみてください。これで痛みが楽になるようであれば、そのままこの運動を続けてください。

④10~20秒ほど、③の運動を続けたら、また②の姿勢に戻ります。

※この時、肩の痛みが強く残るようであれば中止してください。

⑤この運動(下の写真)を、そうですね、最初は5回くらい実施してみてください。慣れてきたら10回くらいやってもいいかと思います。

毎日、この運動を2~3セット(朝・晩とか、朝・昼・晩とか)くらい続けているうちに、
だんだん手を挙げるのが楽になってくると思います。

がんばってみてください!

以上です。

 

◆「かんな接骨院セルフ運動療法&ストレッチ(もくじ)」に戻る。