かんな日記 米国ライフウェーブ社パッチ

アイスウェーブによって痛みに変化がみられたと考えられる一症例

こんにちは。
かんな接骨院の山崎です。

今回はアイスウェーブのお話しです。
いつも思うのですが、アイスウェーブが一番貼るの難しいですよね。
良い位置にバシッと貼ると、痛みがスーッと変化しますし、
逆に、良い位置に貼れないと効果がまったく無いに等しいですよね。

そんなアイスウェーブによって「ばね指」の症状に変化がみられた一症例について報告させていただきます。

今回の患者さんは60歳代の女性です。
当院で他の負傷部位を施術中に「中指を動かすと痛くて困っている」というお話しをされていましたので、
他の施術のついでに中指の症状をみさせていただきました。

症状をみると、「ばね指」のようです。
指を動かすと、カックンカックンと引っかかるような動きがあり、その際に痛みを感じていらっしゃいます。
他の治療法もあるのですが、今回はアイスウェーブパッチを試させていただきました。

まず、最も症状に影響を与えていそうな場所を探しました。
色々と探ると・・・、ありました。
ツボではないのですが、肘前面のシワから数センチ指先の方に向かった所に「筋肉の硬結」が。
おそらく浅指屈筋の筋腹ですね。
そこを押すと「あー痛い、指先まで響く・・・」とお話しされています。

ということで、そこにまず茶色パッチを仮で貼り、刺激を加えました。
次に白色パッチを、更に数センチ指先の方向にずらして(その筋肉の走行に合わせて)、仮で貼り、刺激を加えました。
そのまま10秒・・・
そして、「〇〇さん、ちょっとグーパーしてみてください」と、指を動かしてもらうと、
「う~ん、さっきよりいいかも」とのことです。
(私がみても少し動きが改善しています)

まだ不十分な感じがしましたので、次に白色パッチを短橈側手根伸筋に移してみました。
(結果的に、そこは手三里というツボの近くですね)

で、また10秒ほど待ち、指を動かしてもらうと・・・

「あ、こっちの方が楽みたい」と言うではないですか。
だいぶ指を動かした時の痛みが楽だそうです。
しかも明らかに指の動きが違います。
さっきまで、途中までしか指が曲がらなかったのに、ほぼ完全に曲がっており、じゃんけんの「グー」ができます。
カックンカックンの引っかかりもみられません。

「ではここにしっかり貼りましょう」とお話しして、パッチをしっかり貼りました。

 

今回もそうですが、やはりアイスウェーブの貼り方は「奥が深い」です。
医学的な知識がないと、うまく扱えないことも多いのではないでしょうか?

皆さんも、アイスウェーブをお使いになる時がありましたら、
とにかく色々な所に貼ってみて、一番痛みが楽になる場所をみつけてくださいね。
思いもよらない所に、効果的なポイントがみつかるかもしれませんよ!

 

それではまた!

 

※ライフウェーブパッチの製造元であるライフウェーブ社は、パッチに医学的効果があるとは謳っておりません。当然、当院でも「病気に効く」などとは一切説明しておりませんし、パッチの料金は自費施術料金となっております。患者さんへは、論文などから得られた「臨床試験データ」などをお伝えしております。

 


▲ライフウェーブ会員登録を希望される方はこちら▲