Home > かんな日記 > ケイトウ

こんちには。

かんな接骨院代表の山崎です。

 

先日、来院された患者さんから個性的なお花をいただきました。

 

久々に見るその個性的な姿に

山崎の頭の中を、ふと幼少時代の思い出がよぎったのです・・・。

 

私が生まれ育った町である、ここ神川町は、そりゃあもう田舎。

小さい頃は山や川を駆け回って遊んだものです。

そこいらじゅう、いろんな草木が自生してました。

そんな中、この個性的なお花も自生してましたね。

よーく覚えてます。

(この写真のお花より、もっとヒョロヒョロな花でしたけど・・・)

 

で、子供の頃の私は、周囲の大人に、この花の名前を聞いてみたんですね。

 

子供山﨑:「ねえ、この花の名前、なんていうの?」

 

すると大人の人は

 

ある大人:「ああ、ケイトか、ケイトの花っていうんだよ。」

 

と、教えてくれたのです。

 

当時の私には「ケイト」と聞こえました。

なので、ずっと「あー、毛糸のようにモコモコしてるから、毛糸の花っていうんだなー。」

と、ずーっと思ってました。

 

それから時間が経ち、本当は「ケイトウ」という名の花であると気が付いたのは

ずっと後のこと・・・。

だいぶ大人になってからです。

 

ニワトリの鶏冠(トサカ)に似ていることから、この名が付いたそうですね。

 

子供の頃は、夢中で遊んでいたその場所の傍らに、そっと自生していた、気にもならなかった花。

大人になった今、よーく見てみると、なんだか個性的でキレイな花だなーって感じるようになりました。

 

ちなみに、調べてみると、ケイトウの花言葉は

『おしゃれ』、『気取り屋』、『風変り』、『個性』、『色あせぬ恋』

などだそうです。

 

さすが個性的な外観っていう感じの花言葉ですね。

 

キレイなお花をいただきまして、ありがとうございました!

 

ではでは。