Home > かんな日記 > 女子高生アスリート

去年の高校女子の群馬県新人大会個人で優勝!群馬県選手権大会シニア個人でも4種目制覇の完全優勝!
今年も県高校総体では団体で優勝!
と新体操で大活躍の女子高生アスリートIさんが、大会前や大会後に痛めてしまった個所のメンテナンスや、結果報告にかんな接骨院に来てくれます(#^^#)
毎回すごい成績をお土産に来てくれるのですが、スラリとした美人さんでとてもアスリートには見えないんですよね。スタイルが良いのを褒めると、「そんなことないですよ、見てくださいこの筋肉!」と発達した腓腹筋で力こぶを作って見せてくれるおちゃめな一面もあります。
Iさんは小学校低学年の頃から新体操を始め、その頃は週4日の練習、6年生になると週6日の練習となり、高校3年生になった現在も週6日の練習をしています。
このストイックさすごいですよね(≧◇≦)
まさに、小さい頃からの努力の積み重ねが現在の成績に表れているわけです。大変な努力です。

ふいに、新体操のシューズってどんなのなんだろうと思い、Iさんに聞いてみると「靴下が半分になったようなものですよ」とのこと。半分・・・?半分ねぇ。
「つま先から半分だけあって、後は2本の紐でとめるんですよ」・・・なるほど
「擦れるので、一カ月ももたないですよ。こんなんで1組1500円くらいして、高くありません?」・・・単価はそれほどでもないけど、耐久性がないから結果的に高いのかなぁ。半分の靴下と思うと高いねぇ。
「あ、丁度友だちに貸していたのを返してもらったので見ます?」・・・見る見る!
DSC_0065
半分だねぇ(*‘ω‘ *)
SASAKIってメーカーなんだ。一般には馴染みがないね。
「新体操用具ではトップシェアじゃないかなぁ」・・・へぇそうなんだ。
で、調べたらこのシューズの名前は『ハーフシューズ』(‘ω’)
写真撮らせてと頼むと「こんなの撮ってどうするの?」・・・ブログネタにさせてね。
Iさんの優勝時の上毛スポーツ紙に載った写真を見ると確かに、このシューズだと分かります。
だから何だと言われそうですが、小さなことをネタにするのが「かんな日記」。

さて、去年に続き国体選手に選ばれているので、10月のいわて国体、その前にこの夏のインターハイ出場と、ビッグな大会が控えています。
スゲーな!という成績をまた持ってきて貰いたいなと静かに期待している、かんなブルーでした。

追記
7/2にぐんま武道館で行われた「群馬県体操大会 第71回国体予選(新体操女子)」に、午前中のソフトボールが終わってから、娘と観に行ってきました。残念ながらリボンの1種目種しか見れませんでしたが、さすがでしたね。
素人目にも違いが分かります。他の種目も見てみたかったなぁ。娘も感動してましたよ。
もうひとり、かんな接骨院に来てくれる、IさんのチームメイトのYさんの演技はリボンとクラブを見れました。こちらも団体優勝してしまうIさんのチームメイトですから、上手いのは良く分かりました。
新体操でのオーバーユース発生しそうな動き、ケガの発生機序の推定の材料など、もちろんこういった情報収集も抜かりなく研究してきました(‘◇’)ゞ