平成 25年10月10日(木)

この建物を改装するにあたり、最大の難題が「雨漏り」。

原因は調べていないので不明だが、この雨漏りを修繕することができなければ営業することができない。可能性としては専門業者に頼むことも考えなければならない。

そんな不安を抱きつつ今日は屋根に上がってみた。

 

20131010-01

一応ペンキを買ってみたが・・・

それにしても錆びだらけ。

このままでは折半が腐り、大々的な工事になってしまう。

ペンキを塗る前に研磨し、防錆を施す必要がある。まだ腐って穴が開いてしまうことはなさそうなので早急に対策しなくてはならない。

ペンキ塗りは、まだまだ先になりそうだ。

 

 

20131010-02

それにしても良い天気。

多少雲は多いものの秋の空でカラッと爽やか。

 

しばし空を見上げる・・・

「あーすがすがしい」

さて作業するかな。

 

 

やねに延長コードで電源を確保し、またも床でお世話になっているグラインダーの登場です。

少しずつ錆を落としていきます。

 

20131010-03

一目瞭然だとは思いますが、左が錆びた固定金具。

右側は丁寧に研磨しました。

 

こんな地道な作業が延々と続きます。

やねの大きさは床よりも広いのです・・・はぁ・・・

 

文句を言っても進みませんね、頑張ります!

自分の推測では、全ての防錆加工・塗装が終わり、シリコンコーキングなどで固定金具や不必要な穴を防水すれば「雨漏り」は無くなると考えています。

やるだけやって修繕することが出来なかったら、その時にまた考えます。

 

- 夕方 -

20131010-04

また室内の画像ですが、屋根の作業が飽きたわけではありません。

夕方になると照明がないため、室内での作業しかできないのです。

 

床も少しずつですが綺麗になっていきます。

 

 

こうして一日が過ぎていきました。