Home > かんな日記 > 事務長のつぶやき > 自分一人では何もできないのです

こんにちは!毎度おなじみの事務長です。

かんな接骨院は、今日も元気にスタッフが表舞台で頑張っております。

みんなが頑張ってくれるから、裏で事務長も頑張ります。

 

逆にみんなが怠けていたら、事務長も怠けてしまうことでしょう。

表と裏の人間は共存共栄、どちらが欠けても企業として存続するのは難しいのです。

 

ここで事務長は考えます。

表と裏、どちらが重要なのでしょう?

表が無ければ裏が成り立たず、表は最重要になります。

しかし裏が無ければ、表を最大限に引き出すことは難しいでしょう。

事務長の結論としては「表無くして裏は無く、裏が無ければ表映えず」と考えております。

 

かんな接骨院の能力を、最大限に引き出すのが事務長の務め。

小粒でもピリリと辛い山椒のような、そんな引き立て役を目指しております。

20151120ロン (2)