かんな日記 米国ライフウェーブ社パッチ

今後は「見えない力による治療」の時代が来ることでしょう

こんにちは。
かんな接骨院代表の山崎です。

今回のお話しは「見えない力による治療について」です。

 

今現在、主流となっている治療は「見えるものに対する治療」、「見える力による治療」であると言えます。
代表例として、皆さんご存知の西洋医学がありますね。
西洋医学は基本的に「見える治療」であると言えます。

西洋医学の主な治療対象は「見えるもの」です。
具体的には、「レントゲンやMRIに写るもの」、「体温計や血圧計などで計測できるもの」、
「血液検査で値として検出されるもの」などなど、客観的に評価できるものです。

西洋医学の主な治療法は「見える力による治療」です。
体の悪い部分を繋いだり切り取ったりする「手術」、
体に入った病原体を研究で証明された化学物質によって抑え込む「投薬」、
などがあります。

こういった「見える治療」が現代医療の主流になっています。

 

では、「見えないものに対する治療」、「見えない力による治療」にはどんなものがあるでしょうか?
代表例として最も有名なのが「東洋医学」でしょう。
東洋医学は基本的に「見えない治療」と言えます。

東洋医学では見えるものはもちろん、見えないものも対象とします。
「気」や「未病」などが有名ですね。

目に見えない全身の気の流れを評価して、陰陽や五行説などの東洋医学独自の考えで治療プランを立て、
目に見えないツボや経絡などを刺激して、病気だけでなく病気の一歩手前の状態である未病も含め、
体の不調を改善することにより、全身状態を整えて自然治癒力をアップさせる。

こんな感じの治療になります。
目に見えない部分が多いですね。

ちなみにライフウェーブパッチも「見えない力の医療機器」と言えると思います。

 

言わなくても分かり切ったことですが、
現在、患者さんの圧倒的支持を受けているのは「見える治療」です。
見えるから信頼できますよね。信じられますよね。
反対に「見えない治療」は、どうしても胡散臭いと言われることが多いのが現状です。

ですが私、近い将来「見えない治療」の時代が必ず来ると思っています。
その理由は「今は見えないが、いつか見える時が来る!」からです。

 

他の学問でも、見えないものがどんどん証明されつつあります。

昔、私が子供だった頃は「物質として最も小さいのは原子」、「原子は原子核と電子からなる」くらいしか
教わらなかったと思いますが、今では「原子は原子核と電子からなる」、「原子核は陽子と中性子からなる」、
更には「陽子・中性子・電子は素粒子からなる」、「素粒子には種類があって・・・」と、
更に小さい物質も発見されています。

物質には「粒子性」と「波動性」の2つの性質があることも証明されています。

素粒子のひとつであるニュートリノは「目に見えなくて、しかも物質を通り抜ける」そうですが、
このニュートリノも存在が証明されています(すごいぞ小柴教授とカミオカンデ!)。

 

話を戻しますと、今の「見える医療」が、なぜ見えているのか?
それは「科学・化学・物理学」などの学問が発展しているからです。
そして、これらの学問によって証明されているからです。
つまり、見える医療は「科学・化学・物理学などの学問の上に成り立っている医療」なのです。

一方、見えない医療は「現在の科学・化学・物理学などの学問では証明されていない医療」ということになります。
気の流れなどを評価する「東洋医学」、手から気を送る「気功」、「アーユルヴェーダ」などに出てくるチャクラ、
などがありますが、これらは現段階では「気?チャクラ?なにそれ、見えないし胡散臭いから信じられない!」と
思われる方が多いことでしょう。

確かに、こういった医療は胡散臭いです。
ですが、もしも完全に効果が無ければ、とっくの昔にすたれて消滅しているのではないでしょうか?
ところがどうでしょう。今もしっかりと存在し続けていますし、いや、むしろ見直されているものまであります。
やはり効果を感じる方も多いのでしょうね。

ちなみにライフウェーブパッチも最初は「何このパッチ?こんなの効くわけないでしょ!」と
思われることが多いですね・・・
ですが、どうですか?
もし効果がなければ、ライフウェーブパッチもここまで広まらなかったと思いますよ。

 

今は謎だらけらしいですが、素粒子や波動を研究する学問として「素粒子物理学」や「量子力学」と
呼ばれている学問があるそうです。
近い将来、これらの学問によって「気が〇〇という物質として証明された」とか「気功師の手から◇◇波が観測できた」とか、
今は「見えない治療」でも、そのうち証明される日が来ることでしょう。

 

見える治療、言い方を変えれば「見えるものしか追わない現代医療」から
見えない治療、つまり「見えない力を使った治療」への変換の時が、まさしく今なのかもしれませんね。

今までの常識が、未来でも常識であるとは限りません。
今では非常識なものが、未来では常識になっているかもしれません。

医療も同じです。
今は「胡散臭い!」、「信じられない!詐欺だ!」、「オカルトだ!」、「キチガイだ!」と
言われることもある「見えない治療」ですけども、
数年後、数十年後、どうなっていますかね?

近い将来、「あの治療は詐欺だった!」、「あんな治療受けなければよかった!」と言われているのは、
どんな治療でしょうかね?

とっても興味があります。

 

それではまた!

 


▲ライフウェーブ会員登録を希望される方はこちら▲