Home > かんな日記 > 御霊神社(ごりょうじんじゃ)

神川町散策「神社シリーズ」!
今日のお昼休みは、かんな接骨院から車で約5分、中新里にある「御霊神社」。
境内は平坦で、遊具もあり子供たちの遊び場になっていそうです。
鎮座地:埼玉県児玉郡神川町大字中新里字羽場48
御祭神:崇道天王(すどうてんのう)・吉備大臣(きびのおとど)・建御名方命(たけみなかたのみこと)
御神徳(推測):家内安全、災難除け、学業、五穀豊穣
御霊神社
由緒板によると、中新里の鎮守である当社は、京都の御霊神社を勧請したもので、かつて新里にあった御霊神社とは兄弟とのこと。新里の御霊神社は児玉の稲荷神社に合祀され跡地は畑になっているそうです。
中新里の旧家に応永年間(1294-1428)の板碑があることと、境内に数百年を経た老樹があることを根拠に当地は足利時代に開拓されこの社も創建されたのではないかと、「児玉郡誌」にあるそうです。ここでいう老樹は大正時代に伐採されてしまっており現存はしていない。
明治40年に当社の東北にある「諏訪山」と称する古墳の上から無格社諏訪神社を本社に合祀したそうです。
御霊神社
御霊神社
御霊神社
御霊神社
さて次回はどこへいきましょうか。