かんな日記 米国ライフウェーブ社パッチ

アイスウェーブでツボを刺激した後に体調の変化がみられたと考えられる一症例

こんにちは!
かんな接骨院代表の山崎です。

今回は「アイスウェーブという名称のパッチでツボを刺激した後に体調の変化がみられたと考えられる一症例」について、
お話しさせていただきます。

患者さんは、80歳代の女性です。
名前は「Aさん(仮称)」としましょうか。

Aさんは、もともと病院で「変形性膝関節症」と診断されているそうです。

この日は特に右膝が痛そうだったので、他の負傷部位を施術後に右膝の調子を聞いてみると
かなり痛みが強く、歩くもの大変とのこと。

さっそくアイスウェーブパッチを試してもらいました。
以下、会話形式で書かせていただきます。

山(山崎):「Aさん、ちょっとお膝に試してもらいたいものがあるんですが、お時間大丈夫でしょうか?」

A:「大丈夫よ。」

山:「これ(アイスウェーブ)なんですけど、これをお膝に貼って変化があるか試してみましょう。」

と、ここでAさんに座位で右膝をまくってもらい、アイスウェーブパッチを試し貼り。
パッチのシール部分は剥がさない状態で、紙テープを使って右膝に仮貼りしました。
(ライフウェーブパッチは、シールをはがさなくても、洋服の上から貼っても刺激できるんです!)
パッチの貼付部位は、右膝の内側にある曲泉というツボ(ここが最も圧痛の強い部位だったので)に茶パッチ、
外側(関節裂隙)に白パッチ、を貼ってツボを刺激しました。

この時、私達の話し声を聞いて、隣の患者さん「Bさん(仮称)」が、そのやりとりを見ています。

B:「そんなの効くん?」と。

山:「じゃあAさん、このまま私が10数えますからねー。1、2、3、4、5、6・・・」

私が数えている途中で、突然Aさんがハッとした感じで、

A:「なんかスーッとしてきた!」、「あれー?」と、

私はそのまま何も答えずに

山:「7、8、9、10、はい、10秒経ちましたよー。Aさんどうですか?お膝は」

A:「あんまり痛くない!」

それを聞いてBさんが

B:「うそー!」

山:「じゃあAさん、立って歩いてみてください。」

Aさんは立ち上がって、少し歩くと

A:「うん、違う!、あんまり痛くない!」

B:「(歩き方が)さっきと全然ちがうー!」

山:「Aさん、どうします?このパッチ貼って帰る?〇〇円かかっちゃうけど。」

A:「うん、貼る貼る。」

山:「じゃあ、もう一度座ってください。今度はしっかり貼っておきますからね。」

と、ここでパッチのシール部分を剥がして、同じ部位にしっかり貼り、ツボに刺激を加えました。
Aさんの帰りの足取りが、来た時と明らかに違います。
Aさんが帰り、それを見届けたBさんがボソッと

B:「なんか二人(Aさんと山崎)で、お芝居でもしてるのかって思っちゃったー!」

ですって。

山:「してませんよ(笑)。すごいでしょ?、さっきの変化。」

B:「私にも効くかなー」

山:「Bさんの症状は違うからおすすめしませんよ。Bさんはまた今度ね。」

最後はこんなやりとりでした。

 

以上、アイスウェーブでツボを刺激した後に体調の変化がみられたと考えられる一症例でした。

ではまた!

 

※ライフウェーブパッチの製造元であるライフウェーブ社は、パッチに医学的効果があるとは謳っておりません。当然、当院でも「病気に効く」などとは一切説明しておりませんし、パッチの料金は自費施術料金となっております。患者さんへは、論文などから得られた「臨床試験データ」などをお伝えしております。


↑こちらから製品情報のご確認やご購入ができます。