Home > かんな日記 > 烏川の白鳥

今日は暖かな一日でしたね。
今日のかんな接骨院の午前中の診察はオレンジとグリーンの2人体制でしたので、混み合ったかもしれませんで申し訳ありません。
カンナブルーは土日は地元の小学生女子のソフトボールチームの監督をしておりまして、土日は原則お勤めできないのです。
さて、それはさておき、午後からいつも通勤途中に白いごっつい鳥がぎょうさんおるなぁと気になっていた高崎市新町と玉村を結ぶ岩倉橋へ行ってきました。
患者さんからも白鳥を見に行ったという話を耳にし、やっぱり白鳥なんだと分かりましたので、子供を連れて行ってきました。
烏川の白鳥
こんな感じで、人に慣れたグループが何組かと、川岸に上がっているグループ、やや遠くで泳ぐ集団と、ざっと100羽はいるようです。
調べてみると、8年ほど前に2羽飛来したのが始まりだそうで、2月の中頃がピークになるという事ですから、丁度ピークだったのかもしれません。
玉村側の川岸から見るのが暗黙の了解なのか、玉村側には結構な人出となっていました。
烏川の白鳥
こんな感じで泳いでいて、食パンを放り投げてくれる人がいると・・・
烏川の白鳥
白鳥はワイワイはじまります。
烏川の白鳥
最接近すると5mくらいの場所まで来ているかもしれません。
烏川の白鳥
食パンが投げ込まれると、飛んで一気に間合いを詰める白鳥もいます。
こういった場面がシャッターチャンスになりますね。
烏川の白鳥
子供たちも大喜びでした。暖かくなってきてしまうと、シベリアへ帰る北帰行が始まるので、興味のある方はお早めに見に行ってくださいね。