Home > かんな日記 > お花 > かんなの小さな植物園

頂いては枯らし、頂いては枯らしと、鉢植えの管理がもっぱら苦手だったかんな接骨院( ;∀;)
2年前にレウィシアを頂いて、なんとなく面倒を見ていたら、変わらぬ姿のまま1年が過ぎた去年急に花が咲きました。かなりの感動でした。
子宝草もなぜかしぶとく生き延びています。
そして去年の暮れに2回目のシクラメンを頂き、今度こそ枯らさないよう頑張ってみようと面倒を見るようになりました。
手をかけてあげると、しっかり植物も頑張ってくれるようで、ようやく私にも、植物の面倒を見る習慣がつきました。
生き残っていた鉢植えを、植え替えなどで、きれいに整えてあげ、1か所にまとめて管理することにしました。
レウィシア、子宝草、ムラサキオモト、デンマークカクタス、シクラメン、ハイビスカスサマーブリーズで名付けて「かんなの小さな植物園」がスタート(*’▽’)

来院された患者さんが見てくれて、アドバイスやお褒めの言葉を頂き、ますます頑張っています(笑)
先日、植物園にどうぞと、新たにカランコエを2鉢頂きました。
早速花が咲きだしています。

みんな大事に育てていきたいと思います。
差し芽にも挑戦しており、うまく根付けば、ご希望の方にお配りしています。
いつもあるわけではないですが(;^ω^)

ご来院の際は、まんが部屋にある「かんなの小さな植物園」をのぞいてみてくださいね(^^)/