Home > かんな日記 > 事務長のつぶやき > とある患者様のお話

先日、患者様との会話の中で「オレオレ詐欺」の話が出てきました。

それは数年前の出来事・・・

まだ「オレオレ詐欺」がメディアを騒がし始めたころ。

その患者様(Fさんとします)のお宅へ一本の電話がありました。

 

Fさん「もしもし」

相 手「もしもし、元気かい?」

Fさん「元気かいって・・・誰だい?」

相 手「ばあちゃん俺だよ、孫の声も忘れちゃったのかい?」

 

Fさん、この時は名前を言わなかったそうですが、遠く離れた孫を想像したそうです。

 

Fさん「え~・・・あ~・・・そうかい、どうしたんだい?」

孫を名乗る者「ばあちゃん、大変なんだよ。お金の入った会社のカバンを忘れてきちゃったんだよ。」

Fさん「なにやってるんだい。」

孫を名乗る者「とりあえず、今日中にお金を持って行かなくちゃならないんだよ。じゃないとブタ箱行きになっちゃうんだよ。助けてよ、ばあちゃん・・・」

Fさん「助けてよったって・・・」

孫を名乗る者「金額はいくらでもいいんだよ。とりあえずどうにかならないかな・・・」

Fさん「ばあちゃん、おこづかいもらってるだけだろ。通帳も預けちゃってるし、お金ないよ・・・」

孫を名乗る者「困ったなー、ばあちゃんどこかでお金借りられないかな?」

Fさん「お金なんか借りられないよー」

孫を名乗る者「どうしよう・・・このままじゃ、おれブタ箱行きだよ・・・」

Fさん「そうかい・・・それじゃあ、ブタ箱行って勉強してきな・・・」

 

ガチャ・・・ツー ツー ツー ・・・

電話は切れてしまったそうです。

 

この電話が「オレオレ詐欺」だと気が付いたのは、しばらく先のことだったと言ってました。

 

世の中、こんなおばあちゃんもいるんですね。

みなさんも「オレオレ詐欺」には十分お気をつけくださいませ。

 

事務長でした!

(・ω・)/