かんな日記 米国ライフウェーブ社パッチ

X39の真骨頂!

こんにちは。
かんな接骨院代表の山崎です。

久々に「X39を使用することによって変化がみられたと考えられる一症例」を紹介させていただきます。

今回の画像掲載を承諾してくれた方は、当院に通う「Tさん(仮称)」です。
Tさんは70代の女性です。
ずっと「手の肌荒れ」に悩まされていました。

最初に私が相談を受けたのは昨年(令和2年)の9月19日です。
その時のTさんの手の状態はこんな感じでした。


わかりにくいですね。
とくに肌荒れが強い「左手の人差し指~薬指」と「右手の人差し指~中指」の拡大写真を載せます。

けっこうヒドイ肌荒れでしょ?

この時、Tさんは皮膚科に通っていました。
皮膚科では特に病名は告げられず、処方された塗り薬をずっと使用していたそうです。
(Tさんが言うには「強い薬の入っている塗り薬」だそうです。ステロイド剤ですかね?)
しかし、塗り続けていても症状が一向に改善していないとのこと。
そして、この時は「強い痒み」もあり、どうしても薬に頼ってしまうのだとのことでした。

痒いのはツライですからね・・・。
お気持ちはよーくわかります。

この時、Tさんから「他に何か良くなる方法はないのか?」と聞かれましたので、
私の方から、まずはお試しで「アラビダパッチ」をおすすめしてみました。
(アラビダパッチは臨床試験でお肌の改善が報告されていますからね)
それと同時に、本人の希望で、処方されている塗り薬をやめることにしました。

数日後、調子を聞いてみると、あまり変化を感じないとのことでした。
(良くもなっていなければ、悪くもなっていないとのこと)
やはり「お肌だけの問題ではない」のでしょう。
そこで、今度は「X39とグルタチオン」の併用をおすすめしてみました。

ですが、この時はまだTさんはパッチの効果は半信半疑だったのでしょうか?
接骨院へ来院してくれる度にパッチを購入してくれてはいましたが、
来院期間が開いてしまうと、1~2週間パッチを貼らない期間ができてしまったりと、
貼ったり貼らなかったりを繰り返していました。

そんなこんなで3ヵ月ほど経過したある日、久しぶりにお会いできたので、
手の状態をみせてもらうと、こんな感じでした。
この日は12月19日です。



うーん、すこーし良くなってるかなー。
この時には痒みもほとんど感じなくなっていたそうですが、まだ肌が荒れていますね。

この日、Tさんとお話しして、本格的にパッチを使っていただくことになりました。
使用するパッチも1つに絞って「X39」のみとしました。

その後、しばらくTさんとお会いする機会がなかったのですが、久しぶりに昨日(令和3年1月30日)
お会いすることができましたので、手の写真を撮らせていただきました。

それがこれです!



おーっ!
すっごいキレイになっているではないですか!

前回お会いしてから1ヵ月ちょっとの間、X39をずっと「大椎(だいつい)」に貼ってくれていたそうです。

Tさんも「おかげ様ですっかり良くなりました。」と、喜んでいました。

私も「良かったですねー!」と、嬉しくなっちゃいましたよ。(^^)

 

どうですか?
これぞ、X39の真骨頂なのではないでしょうか?

 

以上になります。
それではまた!

 

※このブログのコメント内容は、あくまでも「個人の感想」です。効果を保証するものではありません。
※ライフウェーブパッチの製造元であるライフウェーブ社は、パッチに医学的効果があるとは謳っておりません。当然、当院でも「病気に効く」などとは一切説明しておりませんし、パッチの料金は自費施術料金となっております。患者さんへは、論文などから得られた「臨床試験データ」などをお伝えしております。

 


▲ライフウェーブ会員登録を希望される方はこちら▲