Home > かんな日記 > 神川町矢納の紅葉だより

こんにちは!

 

「秋のいろどり、深まるほどに冬は近し・・・」

キレイな山々を眺めながらも気持ちは寒い冬への不安でいっぱいの事務長です。

今回のつぶやきは、神川町矢納の素晴らしい景色をご紹介いたします。

1週間ほど前の画像になりますが、とてもキレイでした。

ここは埼玉県神川町と群馬県藤岡市をつなぐ赤い橋、「登仙橋(とせんはし)」でございます。埼玉県側から群馬県を見るとこんな景色があるのです。

 

反対に橋の中央から埼玉県側を見るとこんな感じ。

紅葉(もみじ)がしばらく続き、赤い橋から続く眺めは一見の価値ありです。

 

 

神川町矢納に入り、どんどん上っていくとこんな景色もあります。

杉が多く、色づきの悪い山もあるのですが眺めは最高です。

 

 

集落もちらほらと・・・小さく写っていますが、冬桜も咲いています。

 

 

ここもいい眺めだなー

 

 

田舎ですよ、田舎。これが矢納の素晴らしさです。

 

 

ここが事務長のお気に入りスポット。

両脇に紅葉(もみじ)が繁り、山に祝福されているような気持ちになれるのです。

ただこの日はまだ少し早いようで、今ごろは真っ赤になっていることでしょう。

 

 

急勾配の道路です。雪が降ったら通れません。

 

今もキレイな景色で楽しませてくれる神川町矢納。

有名な観光地に行かなくたって心洗われる景色はいくらでもあるんだなーと思うのであります。

 

事務長でした!

(・ω・)/