Home > かんな日記 > 事務長のつぶやき > お金は食べられないのです

こんにちは!事務長です。

あっという間に5月も終わり、梅雨の季節である6月へ突入しました。

「ジメジメ、ジトジト・・・・いつも空はどんより曇ってるなー」

このような嫌なイメージの多い季節でありますが、雨は恵みものです。

作物を育てるために、私たちの暮らしが豊かになるためにも、恵みの雨が関与しているのですね。

「自然の恵み無くして、私たちは生きていけません」

肝に銘じましょう。

 

事務長は考えます。

日本社会において、第一次産業の割合はとても低いのです。

第二次、第三次産業の人ばかりが儲け、食品を無駄にしている日本。

輸入に頼るか、少ない第一次産業の方々のお蔭で生きていけるのです。

 

「金さえあれば何でも買える!」

などと偉そうにあぐらをかいている人は痛い目を見るでしょう。

農家の皆様のお蔭、お天道様のお蔭、大地の恵みに感謝するのが当然ではないでしょうか。

 

今日も三度のご飯が食べられる幸せな事務長でした。

20140210-04

 

 

(´・ω・`) モヤシ ゴハン・・・