Home > かんな日記 > 救護活動

本日、かんな接骨院はお休みですが、母校のボランティアとして、救護活動に参加してきました。
かんな接骨院からの参加者は、ネイビー、グリーン、ブルーの三人です。
場所は高校生の柔道錬成大会が行われた前橋市にある群馬武道館です。

image

群馬はもちろん、埼玉、神奈川、東京、千葉、茨城、岩手や青森など、各地から沢山参加していました。
写真に写っているのは、男子だけですが、女子もたくさん参加していました。
で、我々の仕事は、怪我人の応急処置や、試合にでれるように、テーピングなどをするわけです。
コンタクトスポーツなので、次から次に怪我人がやってきます。

image

上の写真は、上腕の筋打撲でアイシング中、下の写真は親指をおもいっきり、曲がっては行けない方向に持ってかれたそうで、まだ試合に出るというので、テーピングで補強してます。

image

こんなかんじで次々と固定したり、テーピングしたりと忙しい一日でした。
しかし、普段の接骨院では、固定や、テーピングはあまりやる機会がないので、良いトレーニングになりました。
最後に、脱臼した選手がきましたが、また元気に柔道に復帰してくれると良いなぁと思いながら、帰途につきました。
こんな活動も、かんな接骨院ではしております。ではまた。