Home > かんな日記 > 事務長のつぶやき > 食べられる野草は、本当に食べられる(ウマい)のか?

こんにちは!

前回アカシアの花を食して以来「もっと食べられる野草ないの?」と、嫁が野草に興味津々でチョット困り気味の事務長です。

 

あれからですねー、色々な野草を食べました。

今回はそんなお話です。

まずは有名なタンポポを料理してみましょうか。

その前にタンポポの効能を調べますと、むくみや冷え症の改善・不妊など女性に重要な効能効果があり、さらに便秘・疲労回復・解毒効果など多くの効能があるそうです。

部位別で見ても根には肝機能の促進や食欲不振、便秘や消化不良に良く、葉には利尿作用やむくみの改善、痛風など関節の痛みにも効果があるらしい。

(・∀・) 素晴らしい!!!

さらに調べると男性は、優れた精子が作られ、女性は排卵しやすく、さらにホルモンバランスを整えることから、生理痛・生理不順にも良いらしい。

「本当ですかね!?」

まあインターネットでの情報なので鵜吞みにするわけにはいきませんが、もの凄い健康に良さそうな野草だったのですな。

(´・ω・`) モウ3ニン コドモイルシ・・・イマサラ・・・

 

そして次なる野草はこれ。

どこにでも生えてる「オオバコ」です。これも食べられるらしい・・・

こちらも調べてみますと、オオバコとは車前草(しゃぜんそう)のことで漢方の生薬だったのです。

いやいやこちらもビックリ!です。

そして効能効果としては、利尿作用、下痢・便秘の改善、食欲増進、眼精疲労、生活習慣病の予防、ダイエットなど。

こちらも素晴らしい食材だったのです。

 

この2つの野草をLet’s くっきんぐ~!

 

まずはタンポポ(左)とオオバコ(右)の葉を採取し、良く水洗いします。

本当に食べられるのでしょうか?

ただの草ですよ・・・

 

 

小麦粉を水で溶き、葉に絡ませて油で揚げます。

俗に言う「天ぷら」ですな。

まだ不安が残ります。

 

 

盛り付けて大根おろしを添えれば完成です!

見た目は美味しそうですが、タンポポとオオバコだと分かっているので食べたいと思いません。

(´・ω・`) クイタクネーナー

 

しかしこれも「かんな日記」のため、意を決して食べますか!

と・・・思いましたが、まずは長女に食べさせてみましょう。

事務長「ウマい天ぷらが揚がったぞー、食べてみな。」

まんまと騙された長女はタンポポの葉天ぷらを食べました。

長女「これ、おいしー!」

え?ウマいの?。まだまだ安心できない事務長は、次に嫁に食べさせます。

嫁「あ、おいしー!」

(´・ω・`) ホントーカヨ?

 

事務長も騙されたと思い食べてみると、本当にウマいのです。

どちらの葉も癖が無くサクサクと食べられ、タンポポの花は例えるなら「タンポポの香る芋の味」なんです。

これには本当にビックリです。

 

すると嫁が「根も食べよう!」と、またタンポポを採取してきました。

 

キレイに洗うと野草ではなく「野菜」に見える。

このタンポポの根を嫁が料理してくれまして・・・

 

 

 

人参とタンポポ根のキンピラが出来ました。

見た目はゴボウのキンピラと変わりません。

食べてみると・・・結構うまい。

 

ちょっと苦みの強いキンピラですが、この苦みは大人好みで嫌な苦さではありませんでした。

健康に良く、その辺に生えているからタダで手に入るタンポポとオオバコ。

事務長改めて野草の魅力を感じましたよ。

 

※食べ過ぎや生食は場合により中毒症状を起こす場合がありますので、食べる際には十分注意してください。すべては自己責任になります事をご了承くださいませ。