平成 25年 9月28日(土)

 

20130928-01

床剥がしは続く。

削っても削ってもキレイなコンクリ面にはならず、途方に暮れていた。

それでも削り続けた。

 

「まだ諦められる・・・」

こんな気持ちに負けそうになる自分がいた。

 

 

20130928-02

諦めず削り続ける。

もう一度、バケツで水をまいてみた。

しばらくしてから削ってみると、そのままの乾いた状態よりは幾分削りやすく思えた。

しかし水が飛び散るのと、膝を着いての作業が出来ないため中止した。

「何か良いアイデアは無いものか・・・」

 

やはり途方に暮れていた。

 

 

平成 25年10月 3日(木)

考えに考えた挙句、グラインダーを使ってみることにした。

20131003-01

コンクリ面をなるべく削りたくないために、木工用の研磨をチョイス。防塵マスクとサングラスで完全防備して早速試してみる。

 

なぜ木工用の研磨を選んだのか?

それはクッションフロアーがビニール製だから、最もコンクリ面に優しいだろうと判断したためである。

 

 

すると・・・

20131003-02

作業効率は良くないものの、これならキレイに削ることが出来た。

 

ようやくの一歩前進!

 

荒削りは手作業によるスクレイパー、仕上げとしてグラインダーでの研磨を時間の限り続けた。

 

一心不乱に削り続けた・・・が、飽きた。

 

20131003-03

気分転換に石膏ボードの壁を剥がしてみた。

こんな気まぐれなことが出来るのも、自分で改装できるものの特権です。

 

あ、剥がした石膏ボードが床に散乱して床剥がしの作業が出来なくなってしまった・・・

 

 

こんな事もあったっけなあ。

 

まだまだ改装作業は続くのであった。